スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出題問題を予測する

A君 「国語のテスト難しかった~!前日に勉強した〇〇はぜんぜんでらんかったし!」
B君 「俺〇〇はまったく勉強せんかった。あんなんでるわけないやん!
     問題の作りようがないから絶対でないと思った。」

A君も決して成績が悪い生徒ではない、学年で一桁に入る生徒です。
しかし、このB君は常に学年トップの成績を取り続けている生徒です。
細かな会話の流れは覚えていませんが、
その後に、出題されないと思った理由を懇々と述べていました。

さすがだなぁ~


こんにちは
判田教室の三縄です。


出題者の意図を正確に理解しているんですね。
さまざまな要因があると思います。

 1. 過去に受けてきたテストの反省がちゃんと出来ている。
 2. インプットの段階でアウトプットを意識することが出来ている。

例えば、
 1. テストに向けて勉強してきた問題がでなくて、あまり勉強してないところが出た。
    そこで、
    運が悪い。先生が悪い。と考えるのか。
    なぜ自分は優先順位を間違えたのだろう?と考えるか。

 2. 授業を受けて新しい用語を学習したときに
    この用語はテストではどういったきかれ方をするのだろう?
    ということまで意識できているか?

無意識かもしれません。
が、そういったことが出来ているんだろうなぁ・・・と感じた瞬間でした。

やろうと思えば誰にでも出来る。

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。