スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学受験で必要な力

Tosemi受験科&輝跡四谷大塚担当の三浦です。

中学受験を考えている小学6年生にとっては、大分の中学受験まで後100日です。
日曜日は学校別対策のJrサクセス講座で頑張っています。

1回目より2回目のほうが、答案の書き方も答え方も格段に良くなっており、
答案を添削していて、毎回成長を感じます。

一方で、「また同じミス…」という人も…
同じ講座を受けているのに、もったいないなと感じてしまいます。

同じ解説授業を聞いて、今一番必要なアドバイスを同じように聴いているはずなのに、結果が違うのはなぜなのでしょうか。

それは、中学受験で必要な力が備わっているかどうかの違いです。

中学受験において、合格をつかむために必要な力の第一は「学力」ではありません。
それは「素直さ」です。

アドバイスをしっかり聞いて、自分の中に取り入れる
間違えた自分を認めて受け入れる

この素直な行動こそが、合格を引き寄せます。

例えば、算数で間違えたとき、「わかっていたけど、計算ミスをしただけ」などど言い訳をする人はいませんか。
この言い訳をしてしまう人は、実はもっと本質的なところを理解できていないことに気づかず、同じミスを繰り返してしまいがちです。

間違えた時や、わからないときなどに、
「こういう考え方もあるよ。やってみて」とか
「ここの問題を解き直すとわかるようになるよ」
などのアドバイスを素直に受け入れて実行できる人はどんどん成長します。
さらに、そういう人であれば、次のステップに上がるためのアドバイスもどんどん吸収できます。

そして、素直さがあれば「自分を信じること」ができます。

中学受験の勉強はわからないことの連続です。
でも、そこで「勉強を続けていればいつか必ずできるようになる」と素直に信じることができると、日々の勉強に前向きな気持ちで取り組めます。
結果、最初はわからなかったことも、どんどんわかり、できるようになります。
「やればできる!」の心は、素直さがもたらすものなのです。

ただし、「素直さ」とは誰の命令も「はい」と聞くことではありません。
親の言うことを聞かないから素直ではない。
これは、親から見た親の都合です。

本当の「素直さ」とは、「自分のできない部分を受け入れる」ことです。
これができる人は、人の意見も聞くことができるし、成長しようとする気持ちが生まれます。

では、素直さを引き出すにはどうしたらよいのでしょうか。

例えば、何でも親や大人の意志を押し通さず、なるべく子どもの思うようにさせてみてください。
自分でやってみて納得すれば、人の意見にも素直に耳を傾けやすくなります。

もしかしたら、子どもの「素直さ」を育てるのは、大人の「素直さ」なのかもしれませんね。


テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。