スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワクワクが増幅 進化する大学

先日生徒面談にて、一緒にとある大学のホームページを調べていました。

ここ2,3年で大学の在り方が変化し、卒業しにくくなったとか、大学を出たら、何が得られるのかに拘るよう文部科学省から指導されているのは知っていましたが・・・さらにさらに魅力的になっていました。

今から20年前、私が大学生になった頃はほとんどの大学が2期制(前期・後期制)をとっていました。
これは、授業が前期後期に分かれていて年2回大きなテストがあります。1学期間が長いため、じっくり学ぶことができるという特徴がありました。
近年では、3学期制を導入する大学も増えてきました。長期休みを減らし、学ぶ時間とテストを増やすというものです。
最近では、“クォーター制”という4学期制の大学もお目見えしました。

さらにテストや授業を増やし、チェックや学生と向き合う機会を増やしたわけです。
じっくり学ぶというところは少し減ってしまったものの、結果的には、学習する総時間数が増え、細かく理解度を見ることもできるようになった。これは大きい。
カリキュラムも細分化され、今まではアバウトで、何を学ぶのかが雲をつかむような大命題だった所も大きく変化しそうです。

答えがないものを探求し、研究し、考察していくという大きな大きなテーマを持った大学という研究機関兼教育機関は、具体と抽象とを融合し、ワクワクとした場所へと進化しそうです。もう一度あのアカデミックな場所へ行きたい衝動に駆られました。

“何を学ぶか?”も重要ですが、“どう学ぶのか?”を考慮していくと、より自分にぴったりの大学が見つけられそうですね。

東進大分駅前校では、生徒の学びたいことや性格・特性を踏まえて、様々な大学とのマッチングを生徒たちと一緒に考えています。

義務教育と高等教育のエンドになる大学と大学院。
偏差値だけではなく、どう自分を高めていくのかも考えてみませんか。

興味を持たれた保護者の皆さま、生徒さん、一度お越しください。


東進衛星予備校大分駅前校・大分明野校  神谷

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。