スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折り紙~好きこそものの上手なれ~

中学受験科&輝跡四谷大塚コース担当の三浦です。

皆さんは、折り紙を折ったことがありますか?

「千羽鶴をみんなで折った」
「手裏剣を作って投げまくった!」
「恐竜(!!)を作ったことがある」
「折り紙は折ったことがない」

いろんな人がいると思いますが、明野教室には折り紙が大好きな生徒がいます。
その生徒が、先日自分で折ったクワガタを見せてくれました。

すごく細かくて頑張って作った跡がうかがえました。
いや、違いますね。
「楽しんで」作った跡がうかがえました。

私も折り紙が大好きなのでわかります。
完成図を思い描いて、ああでもない、こうでもないと試行錯誤しながら折っているときはワクワクしますし、
想像通りのものができたら、嬉しくて誰かに見せたくなります。
その生徒とは、折り紙の話でひとしきり盛り上がりました。

そして私は、クワガタを見せてくれたお礼にトカゲとキリンの折り紙を渡しました。
(折り紙好きは、自分の作品を見せたくてしょうがないのです(笑))

好きだからこそ難しいものにもチャレンジしたい、できた時には嬉しくて仕方ない、
という気持ちは、折り紙だけではないと思います。

中学受験科と輝跡四谷大塚コースでは、算数の内容が学校とは異なり、試行錯誤して解く問題になります。
そのとき、算数が好きな生徒は
「絶対に自分で解いてやるんだ!」という気持ちで、果敢にチャレンジします。
そして、解けた時には「やった!」という喜びの声を上げます。

できた時の喜び、達成感が味わえるのが、この中学受験科と輝跡四谷大塚コースです。

もちろん、最初は「算数は苦手です」という人もいるでしょう。
でも、一度難しい問題が解けたら、だんだんと自信がついて、次も頑張りたい気持ちがわいていきます。
そうやって、いつの間には算数が得意、好き、になっていく生徒もたくさんいます。

まずはチャレンジすることです。
「好きだからやる」と「やったから好きになった」はどちらも「あり」だと思います。

私も最初から折り紙が好きだったわけではなく、折り紙でおばあちゃんに花を折ってプレゼントした時に「すごいね」と言われて、その気になってどんどん作っていたら、いつの間にか大好きになっていました。

「好き」の力ってすごいですね。
みなさんも、どんどんいろんなことにチャレンジして、自分の「好き」を見つけてくださいね。

Tosemi受験科&輝跡四谷大塚 三浦


コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。