スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国統一小学生テスト

先日うちにも全国統一小学生テストの案内が届きました。
今年から小学1年生も受験できるようになったとのことでうちの小1になった息子にも受けさせてみようと考えました。
しかしながら、妻はあまり乗り気ではありません・・・。

???

理由を尋ねてみると、やっと学校に慣れてきた。近頃は運動会の練習ばかりまだ学校の勉強もほとんど進んでいない。
何の学力を試すのか? 小1だし、学校も各科目の単元がまだまだ進んでいない。 のびのび遊びやスポーツを中心にやらせたい。悪戯にテストをやっても如何なものか? と。

地方で、ほぼ全員が地元の小学校・中学校に行き、高校も地元に一校ある高校に行くという中で育った妻にとってテストというものがあまり大きなものさしにはなっていないようです。

“勉強やテストをやっても、別にスポーツも遊びも出来ると思われるのだけれど・・・・。”
勉強しているか、剣道しているか、本を読んでいるかの環境で育った私にとってはテストを受けないという選択が衝撃でした。

まあ、小学1年生で外で遊びたい盛りの子どもにテストがあるから受けようかというのは間違ってはいないけれども正解とも言い切れません。子どもがどうしても受けたいと言っているわけでもないですし、さらに既習の学習内容がほとんど存在しないからです。
ほぼ算数も国語も学校の勉強が進んでいないのです(涙)。

何度も家族会議をした結果、今回のテストは受験を見合わせました。
次回は折角なので、受けさせたいです。これは親のエゴになってしまうのか・・・・。

しかし、今の国政を見る限りでは、ガッチリ勉強して世界を見渡す力がないと生きていけない気がするのです。
どんな分野で将来社会貢献するぞ!というビジョンを持たないと働き口もなくなってしまう気がするのです。

“学習”が思考をう生み、思考が、創造を生むのだと考えています。
子どもたちの勉強の取り組み具合が日本の将来の柱になるのではと切に切に思います。

うちの愚息も早く、勉強が好きと言い出して欲しいものです。さんすうはおもしろいようですが、活字に興味がないので心配です。

東進衛星予備校大分駅前校・大分明野校 神谷

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。