スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフェッショナル仕事の流儀から

毎週欠かさずに見ている番組の中に
NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」があります。

以前、山形県酒田市の歯科医
熊谷崇先生が取り上げられていました。

「真の患者利益とは何か」。という問いを
胸に、患者と向き合うことで・・・

痛くなったら行く歯医者ではなく、
痛くならないために行く歯医者を目指しているそうです。

私も歯医者は大の苦手で
出来れば行きたくないのですが・・・
行かなきゃと刺激を受け、
治療に通うきっかけになりました。

さて、何の話をしているのでしょう・・・・
と思われると思いますが、
今日、この記事を書こうと思ったきっかけがあります。

ある高校に進学する生徒が、
学校説明会で配られた課題の量、質にビビッて、
急遽、「高校部の体験間に合いますか?」と
相談℡を入れてくれました。

普通であれば、もうしばらく時間が経って
挽回不能の状態で戻ってくる場合が多いのですが・・・
「さすがの感度です!!」と感心するとともに、

「生徒の真の利益」のために
100%の説得をしていないじゃないか!
と猛省しました。

もし、彼女が動いてくれなければ
取り返しのつかないことになっていたのではないか?

常に、
通ってくれている生徒の真の利益
通わせてくれている保護者様の真の利益を
意識して行動していきたいと思います。


明野教室 首藤

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。