スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は先日の私の家での出来事です。

もうすぐ小学生になるうちの息子はひらがながなかなか上達しません。
左利きのため、必死に書こうとはしているのですが右手はうまく力が入らないようです。左のままでという選択肢もあったのですが、その昔私が苦労したので右に治すことにしました。
きらめきっずの原田先生の勧めもありひらがなの訓練を毎日するようにしました。

先日の休みの日は私がパートナーとして息子の横に付きました。
最初は雑だったのですが、何度も何度もダメなところは書き直しをしました。
たった4行のひらがな(40文字)に1時間以上・・・・。

途中泣き出したので、“やめてもいいけど・・・”と訊いたのですが
“やめる”とは言いませんでした。真剣にやろうとしている心は伝わったようです。

小さい子どもにとって模写というものは思ったよりも大変なようです。

何となく形を覚えるというのは得意だがディテールを抑えるというのは違う能力が必要なようです。

記憶力ではなく観察力!
どこがどうなっているかを正確に把握する。
とても大切な能力ですが、なかなか厳しい。
何でもすぐに結果を求めてしまうのでしょうね。
書いてある文字がなんという字か認識した時点で彼の頭の中では完結。
だから文字をよく観察していない。

何が原因なのか理解はしたが、観察するという事が何なのか理解させるのに困窮・・・。
幼児って難しい。

言葉と行動を知らない相手にどう伝えるのか、教えることの幹を改めて考えた一幕でした。

とにもかくにも文字の美しさは一生の宝物、しっかり頑張らせようと思います。

さて、高校3年生もあと6日で国公立大前期入試ですね。インフルエンザや風邪が流行っていますが、しっかり予防しつつラストスパートをして下さい。

東進衛星予備校大分明野校・明野Passion 神谷

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。