スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限界

限界です
みなさん、これがなんだかわかりますか?

私の息子大心の作品です(笑)。
最近はパズルをやるようになりました。

1ピースはめるごとに、
やったーと自分で拍手します。
可愛いものです。

どんどんはめていく姿に
感動しているオールバック阿部です。

しかし、やはりまだ2歳7ヶ月。
集中力の限界があるんですね。

その限界を迎えたところの写真です。
私からすると、おい、もう限界かい!
と突っ込みたくなります(笑)。

先日輝跡四谷大塚と中学受験科の
親子勉強会を開催しました。
おかげさまで120名を超える参加。

だから、話をさせていただくものとして、
相当気合が入ります。

もちろん、相当気合を入れて準備をしたので、
話したいことがてんこ盛りになりまして。
いつも通り最後は飛ばしまくり(涙)。

話をする時間は90分ほしいですね。

その中で話をしたことが、

①お子様によって成長点は異なる
 =お子様によって選択して行く道は沢山ある。
②保護者として、絶対やってはいけないこと
③輝跡四谷大塚と中学受験科の違い

の3点です。

その②について。
お子様の天井を勝手に決めるな!と。


自分(親)が数学が得意だったから、
お前(生徒)もできるはず!

とか、

自分(親)が国語が苦手だったから、
お前(生徒)が苦手なのはしょうがない!

などというのは愚の骨頂だ!という感じの
話をさせていただきました。

新しい年度が始まるタイミングですので、
普段面談では言いづらいことを
思い切り保護者の皆様の目を見ないように
して話をしました(大変失礼しました)。

しかし、やはり本音でもあるのです。
今回の私の愚息のパズルに垣間見える
集中力のなさ。

一方で、ここまでよくできるようになった!
と思う気持ち。

伝えるべきは、やはり後半部分。
集中力のなさを言っても、
誰も得しません。

今回はちょうどタイミングが良い例だったので
書かせていただきました。

ついつい、というものが1つでも減ってくれば、
お子様の能力が開花する可能性って
大きく飛躍するんでしょうね。

保護者の皆様、私も親としてまだ未熟ですが、
一緒にお子様を応援していきましょう!

オールバック応援団長として、
今年は沢山勉強会で話を
させていただきたいと思います。

一年の抱負として。

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。