スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入試問題へのアプローチ

今週、中3生を対象に生徒面談をしました。

内容は主に
これから入試までの勉強法と
直前講座の提案、
それから合格後の学習についてでした。

また、合同模試の直前ということもあり
冬期講習の感想も聞いてみました。

その中で異口同音に言っていたこと。

つまり、入試レベルの問題を中心に勉強できて
とても充実していたとのこと。

当然ですが、日頃の教科書レベルの内容では
入試問題に太刀打ちできません。

そこで冬期講習では

①中3内容を修了させること

②応用レベルの問題を最低2回解くこと

③入試レベルの問題を数多く解くこと

という優先順位をつけて行いました。

個別ですから個人差や科目の差はありますが、
概ね全員が③に到達しました。

しかし、やってみて分かるのが
①の基礎・基本の重要性です。

ただ闇雲に③だけやっても
全く意味がありません。

大事なことは①を確実なものとして
②までを如何に早く終わらせて
③に当てる時間を如何に捻出するかということです。

今回の冬期講習からこれからの2ヶ月間、
全力で入試レベルの問題に取り組んでいきます。

いよいよ最後の仕上げです。

全力でいきます



戸次Passion 森迫 哲也

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。