スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

判田教室の教室長 増田は
ほめる達人、
「ほめ達」という資格をもっています。

自己投資、自己研鑽、
うーん、素晴らしい!

ところで、
おこる達人=「おこ達」なんてないんだろうか?
お炬燵?

「怒る」んじゃなくて「叱る」んだ!
という話もあるので
「しか達」?

ただ、間違いないのは「叱るのにも技術が必要である」
ということ。

こんにちは、判田教室の三縄です。

実は、
私はこの「叱り方」については
試行錯誤を繰り返してきました。

① 現行犯で
② 本気で
③ 人格は否定しない
④ 何故「叱って」いるのかを明確に

これは常に意識していること。

その他にも
どんな声で、どんなトーンで
どのくらいの時間、

等々。

アクティブラーニング型授業の研修を受講するため、
今月も京都に行ってきました。
この研修は「コーチング」をベースにしているため、
基本「怒らない」んですよね。

研修を受けながら、
ふと、こんなことを考えたりしました。

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。