スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は理科のお話です。
生徒たちと話をしていると、
“生物は暗記科目だから・・・”という言葉をしばしば耳にしますが、
実際はどうなのでしょうか。

私の専門は生物なので「暗記!」という言葉に敏感に反応してしまいます。“暗記じゃないよね!”、と。

理科という科目は論理的に考えたり、計算して数値を出していく科目です。

殊、生物に関しては、複雑で多様な生物の世界を階層で切っていき、種類やしくみや、ものの捉え方を学んでいきます。
つまり、事象の名称よりも、どうして起こったとか、その時の数値はいくつなのかとか、こんなことをしたらどうなる?といったものを学んでいく科目なのです。

つまり隅から隅までの理解と、その事象の使い方や実験の流れが大切になってきます。
受験生の皆さん、“生物が暗記”と考えているうちはまともに点は取れません。
もし、取れているとしたら、逆に怖いです。
それはやり方そのものも、理解ではなく、暗記になってしまっているかもしれないからです。

それでは入試は通用しません(><;)
いやぁ、今のところ、模試は結構点が取れているよ、という生徒さんもいるかもしれません。
これが一番怖いです。知識の部分はみんなとれるからです。
考える部分や、計算の部分が点数差が開くところなのです。

ここができていなければ“生物ができている”とはならないのです。
高校3年生はもちろんですが、これから受験生になる高校2年生は特に気をつけてください。
覚えればいいでしょ、くらいに考えていると足を引っ張ってしまいます。

受験生の皆さん、センター試験まであと71日です。まだまだやれることは沢山ありますよ。
しっかり模試のやり直しをして下さいね!!

東進衛星予備校大分明野校 神谷

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。