スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「続ける」声掛け

みなさんこんにちは。東進衛星予備校大分駅前校の小野です。

8月のセンター試験本番レベル模試も終わり、現在はその結果返却に大わらわとなっています。

もちろん毎回のテストで結果を出し続けるに越したことはありませんが、得てしてそうはうまくいかないもので、そんなときは結果の受け止め方で次の行動が変わってきます。

ですから、東進での指導は一貫して

(1) 今回良かった点は何か
(2) 今回反省すべき点は何か
(3) 良かった点を継続するためにどのような勉強をするのか
(4) 反省すべき点を克服するためにどのような勉強をするのか

極めて単純なことですが、この4点を生徒自身に自問自答してもらうようにしています。

テストのあとに振り返りを行うのはよくあることですが、このときやりがちなのは「あそこが悪かった、ここが悪かった、自分はダメだ…」と自分にダメ出しをするのが目的になってしまうことです。これでは前に進む気になりません。

「ここはダメだったけど、ここは合格先輩ともいい勝負ができている!というのはこんなことを頑張ったからだ!」

とした方がよほど前向きだし、その努力を継続したり他の努力に転化することもできます、

ご家庭でお声掛けの際にも単なる「どうだった?」から「どの辺頑張れた?」に変えてみてはいかがでしょうか。

東進衛星予備校大分駅前校 小野 愼介

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。