スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センター試験本番レベル模試分析資料

みなさんこんにちは。東進衛星予備校大分駅前校の小野です。

先月行ったセンター試験本番レベル模試の分析データ集が手元に届き、ひたすらにらめっこをしています。

この資料はセンター試験本番レベル模試が行われるたびに提供される全国の志望動向や平均点、昨年受験した先輩の合格・不合格別の同時期得点分布、そしてすべての選択肢の選択率まで掲載されている資料です。

文系の志望動向は社会学・社会福祉学に人気が集まっています。法学・文学は若干の回復傾向、外国語学と国際学では外国語系が昨年対比では割れており、国際は相変わらず増え続けているようです。

理系では理学・工学が若干の昨年割れ。一方で医学は増え続けるという恐ろしい傾向です。昨年も医学科の難化は鮮明でしたが、このままいくと今年もさらに難化の傾向をたどりそうです。

ちなみに難関国公立大学では名古屋・神戸・九州が昨年割れ。特に神戸大と九州大は昨対90%と大幅に下げています。

九大の中では文学と教育学が昨対80%と恐ろしく下がっています。逆に歯学、保健関係は九大の中にあって昨対110%程度の様相です。

もちろんこれらは現時点での昨年対比の志望者動向であり、定員を割れているという意味ではありません。例えば九大工学部の昨年の最終倍率は3.2倍(前後期合計の公表資料より)でしたからそれが90%ということは2.9倍ということです。ちなみに歯学部は昨年の最終倍率が5倍ですから…恐ろしいことになっています。

このお話は資料から得られる膨大なデータのほんの一端です。

設問別の選択率などは国語でありがちな「最後の2択」が本当に存在していることを浮き彫りにしていますし、他の科目でも生徒の間違い方の確認に非常に有用です。

次回センター試験本番レベル模試は6月28日です。

これらの資料を活用して、それぞれの志望校にアプローチしていきたく思います。

東進衛星予備校大分駅前校 小野 愼介

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。