スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校の洗礼

先日、とある高校にて、高1生へ4月の入学直後の実力テストの結果が返却されました。

私の教室でも数名のその高校の生徒が結果を伝えにやってきました。
その中の一人が今にも泣きそうな顔で相談に来ました。
“そんなに良いとは思っていなかったけど、ココまでひどい成績をとるなんて・・・。
 こんな順位今まで(中学生の時)とったことないです。”

話しながら目には涙が溢れて行くのが分かりました。

高校というのは学力試験の入試を経て合格を得るのが一般的なため、例えば300人の新入生がいれば、ほぼ全員の学力が揃います。もちろん中にはずば抜けているような例外の生徒もいるかとは思いますが。

学力が揃っているということが公立の中学校と異なるところです。
今までの学習スタイルのままだととんでもない事がおきます。

特に進学校の場合、中学校時代の成功パターンで勉強したとしてもなかなか学年上位は厳しいのです。
“結構勉強した”としても、その程度の学習量はこなせてしまう生徒が同じ高校に集まっているのです。
今までとあまり変わらなければ、自分よりも我武者羅に頑張っている生徒や学習スタイルをしっかり確立できた生徒に
は勝てません。

今回相談にきた生徒は、相手なりに走ってしまう生徒です。“このくらい頑張ればいいんじゃない”と。
もちろん、サボったり手を抜いたりするような生徒ではないのですが、トップ校・セカンドトップ校の高校ともなるとちょっと頑張った位ではダメなのです。
サボったわけじゃないのに、点数や順位が出にくいから恐ろしいのです。

“これでも足りないの?”と思うくらいやらないとまわりの子達の上には立てないのです。
今回はこの生徒にとって良い薬になりました。
もう学習量に天井を設けることはしないでしょうね。
徹底的に学習することとは何なのかを生徒と一緒に考えた一時でした。
とことん指導していきます!

東進衛星予備校大分明野校・明野Passion 神谷



コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。