スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月に入り春休みも残り1週間程度。
宿題には全く手を付けていない。
少し焦りだす。

春休みも残り2日。
いよいよやばい。
塾は朝からあいていると先生が言っていた。
塾で宿題をやろう。

2時間ほどやって気づく。
このままでは間に合わない。
悪いとはわかっているが、宿題を提出しないわけには行かない。
答えをうつそう。

内申点は入試に響くと東セミの先生も言ったいた!
これは仕方がないことなんだ!

よし終わった!
2日間で15時間くらい勉強したんじゃないかな?
自分なりに良く頑張ったと思う!

ありがちな風景なのではないでしょうか?
彼の勉強時間は?
始めの2時間だけですね。
こんにちは、判田教室の三縄です。

「今から答えを写す!」と親や先生に宣言する生徒はいません。
だから

保護者は、朝から塾で勉強している。頑張っているなぁ。と思っています。
塾の先生も、「おいおい宿題ためるなよ!」
といいながらも頑張っている生徒の姿を見て応援してあげたい気持ち一杯。

ただ、そんなのは些細なこと。
最大の問題は生徒自信が
自分は15時間勉強したと「錯覚」してしまうこと。

実はココが一番怖い。

挙句の果てには
「勉強時間の割りに成績が上がらない」と思い込む。
そして、勉強が苦手だと思い込んでしまう。

勉強していなくて出来ないのは「当たり前」
勉強していないのに
勉強したつもりになって
結果が出ないから
勉強が苦手だと思い込む。


怖い。

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。