スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学生から高校生へ

みなさんこんにちは。東進衛星予備校大分金池校の小野です。

公立高校は明日が始業式、そして明後日は入学式です。
いよいよ新しい1年の始まりですね。

まだまだ中学校3.5年生ぐらいの顔をした生徒たちが、段々と高校1年生の顔に変わっていく様は、毎年の楽しみでもあります。

東進衛星予備校では毎年4月末に「センター試験高校生レベル模試」という模試を高1・2生を対象に行っています。

もちろん高校の学習内容で試験してもまだまだ早すぎますから、基本的には中学までの学習内容を問うテストです。

試験の意義はシンプルで、「センター試験の型にいち早く適応すること」にあります。

つまり、現高1・高2生それぞれの学習進度は考慮しつつ、出題形式・設問構成をセンター本番と同様にアレンジしたテストだということです。

ですから、現段階では高校生になってからの学習評価というよりは、中学時代に作った貯金を見る、と言った方が適切なのかもしれません。

このテストには東セミ独自の「卒業基準」を設けていて、これを達成した生徒は「高校生レベル模試」を卒業させ、高3生が受験する「センター試験本番レベル模試」に合流させています。

これは私の持論とするところでもありますが、自分自身で試すことなく、他人の噂や憶測で物事を断じるというのは怠惰なのではないかと思うのです。

センター試験についてはまことしやかな噂が様々流れます。

例えば、センターは教科書レベルだから普通に勉強していれば楽勝だとか、
例えば、2次試験の記述力があればセンターは必ず解けるだとか、
例えば、マークセンスの答えは2番か3番が多いだとか…

これを聞いただけで知った風になるのと、実際に体験してみるのとでは大違いです。

「普通に勉強していれば」とはどの程度の勉強量を指すのでしょう?
記述力があればセンターは解けるかもしれませんが、時間の制約について議論されていません
最後は…試験本番で困った時に使う最後の手段ですね(笑)

これらがどの程度まで確からしいのかは、まさに人それぞれの話です。

ですから私は、東進では徹底した実践主義を謳っています。

いささか乱暴かもしれませんが、「あれこれ言う前にまずは手を動かせ!」と。
そこで本人たちが感じたことが真実なのだと考えているのです。
だから、少しでも早くセンター形式に、そしてセンター本番レベルに触れることが大切だと思うのです。

例年この4月の模試の段階でいきなり高校生レベル模試を卒業する生徒が出てきます。

今年は何人「いきなり卒業」を達成してくれるのか。

今から楽しみです。

東進衛星予備校大分金池校 小野

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。