スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文転・理転

今朝、嬉しいニュースが飛び込んできました。
小学校5年の時から8年間東セミに通ってくれた生徒が広島大学 法学部に合格したという喜びの報告でした。
後期試験での合格だったため、4月から住む家探しや手続き等が大変だったようです。
この生徒は、小学生の頃から医療やバイオに興味を持っていたため理系に進みました。志望も高3の春まではその系統でした。
しかし、ここで転機が訪れます。生徒のお母さんのしている仕事(法律関係)にどうしても進みたくなってしまったのです。

元々興味もあったものの、その頃は医療系ほどの興味は湧かずスルーしていました。でも、母の背中を見続けるうちに憧れや人触れ直接助けたいという志にに変わっていったようです。

“どうしよう・・・”と相談された私は文転の背中を押しました。本人も相当悩んだ末に出した答えだということが分かっていたからです。無茶な事だとは分かっていました。
でも、人生も大学受験も確率論やステータスを付けるためだけのものではないはずですから、ビジョンや決意があるときは時は突き進むことが大切!と考え、失敗を恐れず一緒に前へ進みました。

科目の得手不得手のバランスはそこまで悪くなかったために理系から文系へ転向し志望を変えて学習し始めた後はスムーズに見えました。
しかし、そうは甘くはありません。理系の社会と文系の社会は違います。理系の国語と文系の国語も違います。
さらに受験予定だった大学も変わり2次試験の英語の傾向もガラリと変化、精神的にもキツかったと思います。

夢を掴んでくれました。
本当におめでとう! (><)V 
でも、法学部はこれからがもっとギアを上げていかないといけませんよ!

やはり、文転も理転も厳しいです。高1でパッパと決めなければいけないという状況は生徒達には酷ですね。
何とかならないものかな・・・・中高生は多感な時代。様々ビジョンも変わります。
今は慎重になりすぎるぐらい慎重になって決めるしかないですね。

これからの未来に乾杯!
東進衛星予備校大分明野校・明野Passion 神谷 

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。