スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私大受験の意義

みなさんこんにちは。東進衛星予備校大分金池校の小野です。

私立大入試も終盤戦、来週にはいよいよ国公立大学の前期日程試験です。

東進生たちも私立の第一志望に受かった生徒や、国公立前哨戦と位置付けた大学に受かった生徒などが続出しています。

中には3週間の受験旅行を経て、4連勝して帰ってきた生徒も。

そんな受験生たちの合格報告を聴いていて、必ず出てくるのが、

「やっぱり私立受けといてよかった」
「合格っていうのが本当に励みになる」


などなどの声です。

もちろん私立に受かったすべての生徒が私立を第一志望にしていたわけではありません。

中には「どうせ行かんから受けても意味ないやろ」とまで言って結局受けた生徒もいます。

しかしそんなことを言っていた生徒でもやはり「合格」の2文字には思わずにやけてしまうのです。

私は勉強会等でよくこんなお話をします。

「合格」というのは、君たちの努力がその大学の持つ「」に見ったものだったんだと認められたということだよ。努力を認められて嫌な気持ちになる人はいないでしょ。努力が認められれば自信に繋がるでしょ。

東進の教育目標は

「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」

ことにあります。

そのために入試という関門に向けて精一杯努力し、自らの努力に自信を持つということは極めて重要だと考えています。

この記事をお読みの高2以下の保護者の皆様で、私大受験をさせようかとお迷いの方には、「行く・行かない」という選択以外の私立大受験の価値をご一考いただければ、と思います。

東進衛星予備校大分金池校 小野 愼介

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。