スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30周年記念⑥

いよいよ冬期が始まりましたね。
塾講師としての年末年始は、
一般のそれとは大きく異なります。

何と言っても1月4日は中学受験。
生徒のための年末年始特訓があります。

毎年冬期講習会中は嫁は実家に帰ります。
今年も息子と共に23日から帰省。

寂しい限りです(涙)
オールバック阿部です。

息子は1歳7ヶ月。
無事1年半検診も終え、
体調もすこぶる良好。

平均体重よりも多いようです。
親ゆずりか…笑

まだ会話はできませんが、
私たちが話をしていることは
理解しているようです。

座って!
持ってきて!
捨てて!
こっちおいで!
ダメ!

などの言葉はわかるようです。

あと半年したら、2歳。
ピアノを始めさせます。

このピアノは、
親ができないことを子に望む…
というやってはいけないことの一つ。

でも、まぁいいじゃないか。
ということで。

水泳もさせたい。
これも親ができないことを子に望む…
というやってはいけないことの一つ。

英語もできるようにしたいので、
留学もさせたい。
気が早すぎます(恥笑)

冬期講習会では、中1・2TOP生の数学と
中3生の授業に入っています。

できるようにさせたいことが明確。
TOP生のテーマは、
『毎日やるべき勉強の継続』です。
①年内で学校課題を終わらせる
②毎日英語の暗唱・暗写
③数学の演習
これを徹底させていきたいと思います。

中3生は、
『入試問題の時間配分』です。
①入試問題で取るべき点数の
 落とし込み方
 ※どこの問題で何問できるようにさせるか?
  そのための時間配分を毎回伝えます。
②①のための『解く時の工夫』を考えさせる
③全体で8割の時間で解かせる
というもの。
早速初日から唾を織り交ぜながら
檄を飛ばしました。

できるようになってほしいこと。
まずここを支援する側は持っておかないと、
成長しませんし、実感しません。

先生の中でも意識面は共有していきます。

最後に、30周年第六弾!
小学校公立コース生です。

3学期の授業料は、すべて半額!
算数を真剣させたい!とお考えの場合、
授業料は毎月3,000円(税別)
で受講できます。

さらに言えば、算数と国語を!
という場合でも、4,000円(税別)
で受講できます。

ズバリ、赤字です。

この時期からしっかり
スタートしてほしい!
という思いが伝わってくれれば良いのかなぁ、
と思っています。

ご兄弟がいる場合は、
ぜひ教室の先生に相談してください!

一気に成績が上がる方法はあります。
しかし、それは継続させなければ
意味がありません。
一気に元に戻りやすいのです。

一気に学力が上がる魔法の方法はありません。
地道な努力を継続してこそ、残るもの。

大学入試制度が変わっていくことは
間違いありません。
これからはインプットよりもアウトプット。
発信力が必要になります。

しかし、その大前提では、
『知識』を学習した上で初めて
できること。

国策としては、もっと早い段階から
しっかり勉強を始めましょう!
ということに他ならない、
と私たちは捉えています。

2015年は東セミは英語を
さらにできるようさせる取り組みも
スタートしていきます。

大変ですが、
私たちの存在意義はそこにある、
と思い、全力を注いでいきます。

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。