スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこまでやるのか

近頃、国立大学の推薦入試に向けての志望理由書の添削をする機会が増えました。
みんな必死に書いてくれています。

そんな中で、何度も何度も書き直して持ってきてくれる生徒と、こんな感じかなという生徒に分かれます。
2タイプの生徒たち、どちらも真剣ではありますが、
やはり回数を重ねたほうが上手になりますし、伝わる文章が書けますね。
この伝える力は、発信力といって、相手に言葉や文章等で浸透させる力のことです。

推薦入試とは、まさにこれですから、文科省が欲している力ですね。

ということは、これから数年間、定員が増えて行きそうですよね。
高校生の皆さんは早い段階から大学・学部を研究して目標を持ち、
普段から評点へ目を向けて、さらに特化した科目を作るというのが必勝パターンとなります。

入試は年々変化してきています。ただ課題をこなしているだけではダメですよ!!
様々な問題にチャレンジです。

東進衛星予備校大分明野校・SEED明野 神谷 宏

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。