スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早くも各高校では新学期や後期補習が始まり学校に通いだしました
(上野丘はまだのようですが)。
ところで、昨日とある生徒たちと話していて驚愕したことがあります。
なんと、高校3年生の理科や社会が12月まで教科書範囲が終わらないというのです。
しかし、私が驚いたのはこの事実ではありません(この事象はしばしば起こります)。

その状況を知りながら焦っていない生徒たちにです。(><;)
あれほど面談で話したのに・・・という気持ちもありますが、学校に任せておけば安心という気持ちが強かったのでしょう。
もう一度よく考えてみましょう。

12月に教科書範囲が終わるということは最後の方の単元はほとんど演習ができないまま入試に突入ということです。
それで、中高一貫校の生徒たち(早く全範囲が終わる生徒たち)に勝てるわけがありません。
新課程になってカリキュラムがボリュームアップしたことが起因しているのでしょう。
高校も努力していることと思います。では、当の受験生の皆さんは何か対処していますか?
もちろん東進や個別指導でガッチリ対策をとっている生徒がほとんどです。
しかしながら、一部の生徒さんはなかなかのんびりやさんです。警笛にも動じません。
“終わらないんだからしょうがない。自分でやってもどうせムリ!”なんて曰っています。
コラコラ、しっかりしなさいよ。入試はみんな平等の問題なのです。範囲が終わっていないからって考慮されないのですよ。
自らが対策できることもあるはずです。テキストを読んで理解できるところもあるはずです。大半は皆さん自分の予習と塾の活用や質問コーナー等でコツコツやっていますよ。

私自身も、生徒たちを100%腰を上げさせてなかったことに反省ではありますが、まだ間に合いますから、学校で終わっていないからと放置せずにしっかり対策を立てましょう。
まずは、すべての教科で、いつ終わるのかのチェックをしましょう。

東進衛星予備校大分明野校・SEED明野 神谷

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。