スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「図」と「地」

皆さんこんにちは。東進衛星予備校大分金池校の小野です。

先日この仕事に活かせれば、と思い、心理学のセミナーに個人的に参加してきました。

その冒頭のお話しを少しだけ。

下の図をご覧になった頃はあるでしょうか?

ルビンの壷

トリックアート(騙し絵)で有名な「ルビンの壷」です。

この絵は黒い部分に着目するか、白い部分に着目するかで見え方がまったく変わってきます。

前者であれば、人の横顔、後者であれば壷(杯)の形が見えるのではないでしょうか。

このとき着目した図形を「図」、そうでない方を「地」と呼びます。

もうひとつ見てみましょう。

化粧台の前の女性

何が見えるでしょうか?

白い方に着目すれば骸骨が、黒い方に着目すれば化粧台(大きな鏡)の前に座る女性が見えてきます。

この「図」と「地」の関係で面白いことは、「図」に着目することで「地」の方はまったく見えなくなるということです。

「物事には必ず2面性があります。目につきやすいネガティブな「図」を見てしまっていませんか?そこには必ずポジティブな「地」があることに気づいて下さい」

そんなお話でした。

先週の保護者面談でも「ダメ出しは簡単にできるけど褒めるのは難しい。まず褒めるポイントが見つからないのと、褒めると調子に乗るんじゃないかと思ってブレーキがかかってしまうんです…」という類いのお話が何度も出てきました。

お子様によりよくなってほしいからこそ、今ダメな部分に目がいってしまう。保護者の皆様のお考えとして至極当然のことと思います。ただ一方でダメ出しを続けられる気持ちに少しだけ寄り添ってほしいのです。

お子様のために、と心を鬼にして言っているのに

「親は自分のいいところを認めてくれない」

なんて思われるのは悲しいじゃありませんか。

保護者の皆様は私たちよりお子様のいいところをはるかにたくさんご存知のはずなんです。

それが今「地」になってしまってはいませんか?

「褒めたら調子に乗る」

と思われるなら、まず褒めてみて、調子に乗った様子が見てとれたらそのとき叱ってあげて下さい。

それでいいのです。

保護者の皆様は誰が何と言おうと、お子様にとって最強・最良のサポーターです。

心の成長期にもあるお子様がそのことに気づくのはいつになるかはわかりませんが、少なくとも私たち大人はそうした想いでいたいと考えています。

東進衛星予備校大分金池校 小野 愼介

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。