スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強をする動機

なぜ勉強をするのか?
という命題をよく子どもたちから質問されるのですが、大概は勉強が嫌で言っている逃げ口上なので困ってしまいます。
しかしながら、この命題の答えは一人一人違うように思います。だから私としての答えを言うねと断りを入れながら話をしています。

(ここで持論を述べてもいいのですが、今回はそこに趣旨がないので止めておきます。)

さてさて、高校生を見ていると実に生き生きした生徒に出会うことがあります。
そして、この時になぜ勉強するのかの答えの一つがあるように思えます。
生き生きした生徒とはある生徒が他の生徒に勉強を教えている時です。
実に生き生きしながら教えているのです。
そして相手がわかった顔をするとこの上なく良い顔をするのです。
もしかしたらこれが学ぶ醍醐味(意義)の一つかもしれません。
勉強して相手の話が理解できるまで知識をつけたり、相手が喜ぶものを創出したり・・・。そうやってお互いのことを思いやっていくと互いに高められたり社会世界に貢献できる人財になれるのかもしれません。
そして皆が豊かになっていく。
勉強って周りを豊かにする“言語”的な役割を持ったものかもしれません。

今日物理を一生懸命友達に教えている生徒を見ていてそう感じました。

東進衛星大分明野校・SEED明野 神谷

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。