スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間もなく締め切り

息子大心が保育園に行き始めて約2週間。
最近は、お母さんがその場から去る時に
後追いして、泣いているそうです。

かわいそうな気もしますが、これも試練。
甘やかしません!
とか言いつつ…。

最近はミニかくれんぼ的なことをやっています。
喜んでくれます。

笑顔を見るために今は生きている
というところでしょうか。

さて、東セミのTOPチームは
年々生徒が増えていまして、
今年の中1生も2クラス編成。

もう予定人数を超えているので、
締め切る感じでしょうか。

そんなTOPチームの目標設定面談が
先週の土曜日からスタートしました。

早いところで5月12日が中間考査です。
それに向けての学習方法をお伝えする面談。

私が中高一貫校中心のTOPチームを
立ち上げて8年目になります。

確信に変わっていることが1つあります。
中1生のころの学習方法で
9割決まるということです。

テスト前にどう勉強したら
いいのかわからない。


これは途中で入会される生徒の
9割の方が口にすることです。
本当に毎回、毎回、です。

そして、その後もお決まりのパターンがあります。
お母さんの発言です。

勉強量が足りていません。
と。

学習方法がわからないから、
何をしてよいのかわからないから
取りあえず少しだけ勉強して、
試験範囲を適当に(表現悪くてすみません)やって
テストに挑む。

つまるところ、
勉強せずにテストを
受けていました
パターンです。

本当に黄金パターンです。
これが中1の途中から
中2の1学期くらいだったら、
まだ何とかなります。

高校内容に入ったときであれば、
恐怖以外の何物でもありません。

これって、なかなか知らない方が多いことなのです。
いわゆる中学生内容ではあまり点数的に差が付きません。

しかし、その際に「一夜漬け」などの
適当な学習をしていれば、高校内容に突入すると、
わからない度合いが加速します。

中高一貫校は、進学することに意味がある!
という感じのお子様もいます。

危険です。

中1だからこそ、
しっかり学習方法を身につけさせましょう。
大学入試までまだまだ先は長いです。

それは、やらない時期を創るのではなく、
じっくりやる基礎勉強体力をつけるための
考え方なのです。

私の大好きなこと。
中高一貫校生の授業をすること。
そして、しっかり基礎学力をつけること。

妥協しません。
わが息子のように厳しく接してまいります!

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。