スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しい先生・優しい先生

ブログのタイトルに書きましたが
厳しい先生と・優しい先生 どちらが成績が上がると思いますか?

厳しさの中には「愛情」が含まれていることは前提とします。
私は
基本的には厳しい先生がよい
と思っています。

こんにちは
判田教室の三縄です。


実は今週、生徒に同じ質問をしました。
9割の生徒は「厳しいほうが成績が上がる」と答えました。
逆に言うと
1割の生徒が「優しい先生」と答えました。

ところがこの質問を
ダイエットを成功させるには…と言い換えると、
全員が
「厳しい」ほうがいいと答えました。

ダイエットは「苦しい」ものです。
(ダイエットをしなければならない状況に追い込まれた人にとって
 ダイエットは厳しいものに決まっている…はず。)
人は「苦しい」ことからはつい逃げ出してしまう。
だから、
逃げ出さないように厳しく見てくれるほうが良いと判断したのだと。

勉強でも同じことが言えるのではないかと思っています。
「勉強が楽しくて仕方がない」生徒を厳しく指導することは、
逆にやる気をそいでしまうことになるかもしれません。

「勉強が嫌いで、ほっといたらついサボってしまう」生徒には
甘えを許さない厳しさが必要になるのだと思います。

今週は
判田教室小6算数の最後の授業でした。
話の流れで
こういった話になったのでブログのネタにしてみました。

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。