スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一昨日土曜日は玉井式国語的算数教室
の玉井先生にお越しいただいて、
開校説明会でお話しいただくことができました。

一人の親として、静かに感動していました。
特に最後のお話。

1点忘れないでほしい。
子どもはお母さんが
大好きなんです。

思わず自分の息子大心を思い浮かべ、

講演を企画した側の人間ですが、
この言葉に一人涙を流していました。

本当にこれから始まる9歳までの
指導が楽しみです。

昨日日曜日はそろばん全国珠算連盟の
研修のため、東京に出張でした。

そして、先週金曜日は公立高校入試の倍率発表。
私たちにとっては、概ね予想通りの状況。

しかし、生徒一人一人にとっては
人生に一度限りの高校受験。
「受験」での目に見えぬ競争相手に
驚く生徒が多数出ました。

金曜日、ある生徒と4時間面談しました。
私が一番気にかけてきた生徒の一人です。

理数が得意ではない状態で東セミかず家に
来てくれたのが中2になるころ。
ちょうどかず家開校のタイミングです。

まだ決して得点源にはなっていませんが、
持ち前の素直さ・真面目さで
数学の過去問でも8割を超える点数を
取るようになってきた生徒です。

通知表も抜群。本気で抜群。
しかし、そんな生徒が涙ながらに
受験校を変更するかもしれないという
話がありました。

迷いが生じた状態で入試を迎えることは
決して良いことではありません。

4時間の面談の結果、
本人の口から出てきた言葉は
どうしても受けたい。
と。それでよいと思います。

高校進学後、大変だ。
ついていけるかわからない。

こんな言葉が飛び交いますが、
それも「心の持ちよう」で変わります。
つまり、「目的=志」で変わるのです。

だから、その「志」の高さで受験校の
変更を促すかどうかも変わってきます。

きっとこの生徒は、進学後も楽勝とは
決して言えませんが、乗り越えてくれると思います。

何よりも「ずっと自分の中の目標としてきた」学校。
ぜひ第一段階の壁を乗り越えてほしいし、
乗り越えることができると思います。

入試まであと2週間。
最大の応援をしていきたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。