スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさんこんにちは。東進衛星予備校大分金池校の小野です。

今日は新高2・3生向けの数学の学習アドバイスを。

まずお勧めしたいのは、今の内にセンター試験と2次試験の過去問集を買っておくことです。
4月には書店の店頭から消えてしまいますので、本当に今のうちです。

まず知っておいていただきたいことは、センター試験は原則単元別に毎年同じ大問構成で問題が作られているのに対し、2次試験は融合問題が中心で、出題単元もバラバラだということです。これはセンター試験が1Aと2Bの2つの試験で合計8題出題できるのに対し、2次試験は1A2B3C全部で6題(またはそれ以下)程度の出題となることが多く、数少ない問題で受験生の数学力を測るためです。

そうすると、単元別の完成度を測るには2次試験よりもセンター試験の方が適しているとおわかり頂けると思います。

難関大志望者なら文理問わずまずはこのセンター試験で8割を目指しましょう。

センターについては数学A、B系の問題を苦手にする生徒が多いのですが、実際に過去問に触れてみると、そのパターンはそれほど多くないことに気づきます。同じパターンでも難易度が高いのは大抵計算量が多いときです。それだけに速く正確に計算する能力が重要と言えます。

東進のセンター試験本番レベル模試で2ヶ月に一度その到達度を確認し、8割を達成できたら速やかに2次試験の過去問を解き始めると効率がいいです。前述の通り、融合問題が増える分難易度が高いのはこちらの方ですし、融合問題を解きほぐす思考はとりわけ物理などの問題解決法にもつながります。

ここで注意が必要なのは、2次試験の過去問(赤本)も4月には店頭から消えるということです。難関大は概ね夏には新年度版が発売されますし、東進の過去問演習講座をとるという手もあります。しかし地方国公立大は過去問演習講座でもカバーし切れていない大学も多く、赤本は秋が深まってから発売ということもあります。時間との勝負となる現役受験生にとってこの遅れは致命的ともなりかねません。志望する大学の難易度とは関係なく、今の内に入手されることを強くお勧めします。

東進衛星予備校大分金池校 小野 愼介

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。