スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年の計は元旦にあり

あけましておめでとうございます。
今年一発目の投稿担当にあたり、
何かついている1年になる気がしています。

お恥ずかしながら・・・
「1年の計は元旦にあり」の
「元旦」の意味を間違えて覚えていました。

元旦はただの1月1日ではなく、
1月1日の朝のことを指すのですね。

うーん勉強になります。

元旦の「元」は「はじめ」という意味。
元旦の「旦」は日の部分が太陽、
下の横棒は地平線を意味する。
つまり、地平線から日が昇ったところ、
日の出や朝という意味らしいです。

今では、元旦を元日という意味で
誤用することが多いので、
元旦を1月1日という意味で使っても
OKになってきたとのこと。

こういうのって意外に多いですよね。

重複はチョウフクと読むのが正しいが、
ジュウフクと読む人が多いため、
ジュウフクでもOKになった。

杏仁豆腐はキョウニンドウフが正しいが、
アンニンドウフと読む人が多く、
アンニンドウフが正しくなった。

脱線しましたが・・・
「一年の計は元旦にあり」、は
1年の計画は年の初めである
1月1日の"朝"に立てるべきということ。

こういう話をネタにしながら
お子さまと1年の抱負を語りあってはいかがでしょうか?

明野教室 首藤

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。