スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国語

文字色
数ヶ月前、ある高校3年生に国語の点数が取れない。困っている・・と相談を受けました。
国語の解き方を一緒に勉強して数ヶ月が経ち、先日より続々と模試の帳票が返って来ています。
今のところ3戦3勝の大勝利といったところです(何をもって勝利というのかは微妙ですが、偏差値69を超えていたら勝利といった感じです)。
V(^^)V とても嬉しいです!
良い点を取ったことではなく、
“国語が何とかなると分かって自信を持ってくれた顔が”です。

国語という科目は非常に勉強がしにくい科目です。
日本語であるが故に難しい。小学生の頃は“読めば(答えが)わかる!”と勉強しない。
中学生も同様。しっかり読めば“ここが言いたいところね!”とわかりやすい。
そのため、数学や英語に比べ圧倒的に勉強時間が少ないのが現状ではないでしょうか。

高校生ともなるとそんな簡単に点数がとれません。
それは“抽象度”が増すからです。難しい文章になると、何を言っているのかわかりません。
原因は、抽象度の高い難しい言葉がたくさん出てくるからです。
ヒエラルキー、コスモロジー、コマーシャリズム、ロマンティシズム、連続世界の離散化・・・。
何のことやら・・となりませんか?
こういった文章を読んだ時に、“よくわからないのはセンスがないからだ!”と言って勉強しなかったりする高校生が数多くいます。
これでは点数は上がりません。国語という科目にセンスは必要ありません。英語と同じで、しっかり勉強すれば必ず点数が取れる科目です。その昔、小・中と勉強しないまま高校生になってしまうのでおかしなことが起こります。

では、どんな勉強をすればよいのか?一言で言うと、語彙力、記号化、分解です。
国語でお悩みの方はぜひ東進か個別SEEDをお尋ねください。何を勉強すればよいのか分かってきますよ。

東セミかず家大分駅校・SEED明野・東進衛星大分明野校 神谷


コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。