スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相対評価と絶対評価

明日はいよいよ
「第2回センター試験本番レベル模試」。

先日、この模試に関して
ある生徒から質問を受けました。

「先生、理科や地歴で
まだ習っていないところが出題された模試って
やる意味があるんですか?」。

そう、この生徒は
先月入ったばかりの高3生です。

もっともと言えばもっともな質問ですね。

通常の模試はあくまでも既習範囲で出題され、
偏差値で評価されます。

つまり、相対評価

受験者全体の中で
自分の位置を
偏差値という指標で知るというもの。

対して、東進の多くの模試は
絶対評価なのです。

要は現在の学力で
センター試験を受験したら何点取れて、
合格するためには
どの科目のどの分野が
あと何点伸びればいいか

を見るものなのです。

そう、完全にセンター試験の
シュミレーション
なのです。

だから試験範囲は全範囲。

それだけに連続で受験してこそ、
その真価が表れます。

そんな模試を東進生は
2ヶ月に一回受験していくのです。

センター型のマーク模試の経験値は
それだけでも高くなります。

東進生、恵まれています。


東進大分明野校 森迫 哲也

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。