スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京大学文科Ⅰ類の2段階選抜

本日のニュースにて、東京大学の文科Ⅰ類の2段階選抜を行わないという発表がありました。
2段階選抜とは倍率が高すぎて2次試験に支障を来す時にセンター試験の点数の低かった者を足切りするシステムです。
最も、この2段階選抜に引っかかるかどうかの瀬戸際の生徒さんはよっぽどマーク式が苦手か、普段はすごく良いのにやらかしてしまったかの生徒さん以外は残念ながら合格の望みは薄いでしょう。

という訳で、本日の主張は、今回行われなかったからよかったですね!という事ではなく、受験者の志望が変化してきたということなのです。法学部の人気が揺らいできたように思います。
弁護士は仕事が引く手数多という神話が崩れてしまったからでしょうか。
それとも官僚への魅力が薄れたからでしょうか。

いずれにしろ、学部の人気の勢力図が変わってきています。

資格が取れる学部が有利と言われる時代がしばらく続いていましたが、その時代も変わりつつ
あるのだと思います。資格を裏付けとしてしっかり働ける人が好まれます。つまりやる気がある人ですね。
資格があってもその職業を好きと思えなければ微妙なのかもしれません。
これから受験生になる高校1年生・2年生の皆さんは、しっかり考えて志望を決めてください。

東セミかず家大分駅校・SEED明野 神谷

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。