スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜミスをするのか

現在、とある中学3年生の英語を指導しているのですが、未だにケアレスミスが消えきっていません(現在徹底的に鍛え中です)。
本人は昔よりもかなり成績が上がったと言います。その通りではありますが、得点できる部分を落としていることについては許すわけにはいきません。
ミスも格段に減ったとは思いますが、ここぞという時は必ず発生します。

これは何なのか・・・。

学習内容を理解をしていても誰にでもミスは発生します。
一方でそのミスが全然ない生徒さんもいらっしゃいます。

しかし、私はこれは“ミスが全然ない”のではなく事前修正の賜物であると考えています。
おかしな答えを書いたときに次の問題に行く前に気づいて直すということです。
ミスのない生徒さんは大概このことが出来ているように思います。
そしてこれは演習量が“気づきの回路”を作っているように思います。
練習をすればするほど“気づく”という行為ができて来ます。それと共に間違えるということ自体も減っていきます。そしてこれは一朝一夕にはいかないのです。
日々のトレーニング(ドリル)という、非常に大切なものに時間をしっかり割いて初めて身につきます。

4月からは東セミの個別指導でもこの演習というものにこだわっていこうと考えています。
家ではなかなかできないこともあるでしょう。やるものがない!なんて言ってしまう生徒さんもいらっしゃるでしょう。この部分を解決すべく
“筋トレ講座”というものを立ち上げます。

楽しく集中して出来る演習内容になっていますので乞うご期待です!!

東セミかず家大分駅校・SEED明野 神谷

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。