スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J-TOP

豊府中学を残し、
おおむね中学入試の結果が出ました。

結論から言うと、
過去最大に伸びた!
のではないかと思います。

嬉しい報告が続いており、
豊府中も同じような結果が出てほしいと
願っているオールバック阿部です。

明日の朝は東京に旅立ちます。
1泊2日で帰ってくるショートなものです。

関東は「爆弾低気圧」による雪が
すごいみたいですね。
心配です。

さて、今回の出張では
わが母校岩田学園の先輩に
あわせていただき、
さまざま情報交換をさせていただく
ことを目的としています。

まだこの段階では詳細は書けませんが、
間違いなく生徒の皆様のためになるようなことに
つながっていくと思っています。

実は中学受験の最大の悩みは、
合格発表後に待っていると言えます。

どの学校にするか?です。

実は、ずっと第一志望校としてきた
学校に合格したのに、
実際に進学したのは別の中学校だった。

このようなことは毎年あるお話です。
私も大学受験で同じことを経験しています。

私の場合、受験の時に初めて第一志望校を訪れました。
その際に、「ここに合格するために勉強してきたんだ」
という感慨もありましたが、

それ以上にもっともっと事前に調査しておけばよかった
ということにもなってしまいました。

合格した後、実際の進学する学校をどこにするのか?
この相談は本当に多いです。

本日も私だけで2件の方とお話ししました。
細かいことを言えば、
テストの科目数、進度、宿題など学校の違いはたくさんあります。

しかし、大きな差ではないのです。

もちろん、私立と公立・国立の差はあります。
最終的には
「雰囲気がお子様に合うかどうか」だと思います。

どこに進学しても、満足度が高い!
ということも共通する点です。

私の中でのもう一つの切り口。
卒業後のネットワークだと思っています。

少なくとも、私が卒業した岩田学園の諸先輩・同級生
には本当に大変お世話になっています。

これが良さではないかとも思えるのです。

人により様々視点は異なりますが、
私立中学に進学するメリットは
ここにあるというのが私の本音です。

お母様やお子様には響きませんが。
そのメリットを感じるのが10年以上
経った段階になりますからね。

明日も学校つながりのご縁です。
一つ一つの縁を大切にしていきます。

最後に、本日のタイトルである、
J-TOPについて。

東セミには四谷大塚という非常に
素晴らしいテキストと、
それに対応した授業があります。

しかし、それを存分に生かせていないのでは?
と思えるところもあります。

今年は、入会テストを行い、本当のTOPを取るための
J-TOPクラスを2月に立ち上げる予定です。

かず家では中学部でも同じクラスを
立ち上げる予定です。

1人でも、2人でも立ち上げる予定です。
TOPをとことん磨き上げるクラス。

今年はこれも一つの改革です。

コメントの投稿

非公開コメント

みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。