スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学入試の傾向

近頃の大学入試は国立も含めてAO入試や推薦入試の割合が増えています。
国立大学では一昔前は定員の15%が推薦・AOといった感じだったのですが、今では約30%になっています。大分大学の医学部医学科に至ってはAOが35%になっています。私立大学においては軒並み50%以上が推薦・AOという状態で、多いところになると80%を推薦で集めるという大学もあります。

これはどういうことなのでしょう・・・。

実は、これはより自分たちの欲しい(大学側が欲しい)学生を集めるためなのです。
推薦等で面接、小論文をし、直接ピッタリの学生を選ぶ。
さらに残りの少なくなった席を学力試験の点数で合格にする。
こうすることで、学力試験ではより学力の高い層が集められ、推薦・AO入試では、よりやる気のある層を集められるという構図が出来上がります。

例えば、今年の明治大学理工学部の一般試験は合格最低点がなんと80%を超えていました。
8割とっても不合格・・・ということです。

これから高校生になる生徒さんが取るべき道は自ずと決まってきますね。
そうです。高校1年生から徹底的に鍛えることです。
そうすれば、推薦でもAOでも、一般でも選べますから。

東進衛星大分明野校・SEED明野・東セミかず家大分駅校 神谷

スポンサーサイト
みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。