スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

努力を誉める

中学生は定期テストの結果が出そろった時期。
今週末には全国統一小学生テストが実施されるので、
今日はほめ方についての記事にします。

ある研究者が、子供を対象に研究を進める中で、気付いた事があった。

それは、学ぶことが大好きで
何にでも挑戦しようとする子供
がいる反面、

失敗する事をおそれ、
新しい事に挑戦するのを避ける子供
がいるという事である。

さらに、その研究者が発見したのは、
親が子供をどのようにほめるかで、
子供達の性格(努力型か、失敗回避型か)が
変わってくるというのである。


以下、実験内容について

思春期初期の子どもたち数百人を対象に実験を行った。
まず、生徒全員に、難しい知能検査の問題を10問やらせた。
ほとんどの生徒がまずまずの成績。
終わった後で、ほめ言葉をかけた。

ほめるにあたっては、生徒を二つのグループに分け、

一方のグループではその子の能力をほめた。
「まあ、8問正解よ。良く出来たわ。頭がいいのね」といった具合。

もう一方のグループでは、その子の努力をほめた。
「まあ、8問正解よ。良く出来たわ。頑張ったのね」といった具合。

グループ分けをした時点では、両グループの成績はまったく等しかった。
そして、子供達に、新しい問題を見せて、
新しい問題に挑戦するか、同じ問題をもう一度解くのか、
どちらかを選ばせるという実験を行った。

すると二つのグループの間で、明確に差が現れた。

まず、頭の良さをほめたグループは、
新しい問題を避け、同じ問題を解こうとする傾向が強くなった。
ボロを出して自分の能力を疑われるかもしれないことは、
いっさいやりたがらなくなった。

一方、努力をほめられた生徒達は、
その9割が、新しい問題にチャレンジする方を選び、
学べるチャンスを逃さなかった。

つまり、子供が努力した事をほめると、
子供は努力する事に喜びを感じるようになったということだ。


いよいよ今週末全国統一小学生テストが実施されます。
テスト後、どんな声掛けをするのか?
考えるきっかけになればと思います。

明野教室 首藤
スポンサーサイト
みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。