スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラトー

皆さんこんばんは。
東進衛星予備校大分舞鶴校の小野です。

小中学生同様、高校生も夏の終わりの模試を終えました。
大きく伸びた生徒から今回は伸び悩んだ生徒まで様々ですが、
今回はそんな「伸び悩み」にスポットを当てたおはなしです。

伸び悩みは誰にでも訪れる

まずはこの事実を受け入れることが大切です。
もちろん、最後の最後まで伸び続けるのが
見ている側としては一番安心ではあるのですが、
学力の伸びとはそう簡単にいかないものなのです。
では、学力の伸びとはどうなるものなのでしょうか?

まずはじめに、勉強をすればするほど
調子良く伸び続ける時期が訪れます。

やればやった分だけ成果が出るのですから、
本人としても勉強するのが面白くなる時期でもあります。

それが一転、いくら勉強しても
まったく成果が表れない時期がやってきます。

今まで順調に伸びていたものが、
まったく微動だにしなくなる。

実際の成績は横ばいでも、
今まで伸びていたから、
成績が下がったように感じてしまう

いわゆるスランプという奴です。

大切なことはこの時期に我慢をしきること

本人も、我々も、もちろん保護者の皆様も。

伸び悩んでいる、とは本人が一番よくわかっているんです。
そこを突っ込んでも気分が悪いだけで何も解決しない。

このときに、本人の抱える課題を分解し、
出来ることから手をつけるよう促すこと。
それを我慢強く続けられるようサポートすること。
そんなことが大切なのです。

実はこの伸び悩みの時期には、
見えないところで学力が蓄積されていきます。
そしてそれがやがて爆発する時期を迎えるのです。

高校生の指導をはじめて10年。
この10年間常に大学入試の最前線で
受験生指導を続けてきました。

毎年指導を続けてきて言えることは、
受験勉強を本格的にはじめた2~4月頃1回目の大きな成績アップが、
そして8月~10月頃が伸び悩みの時期となり、
最後の最後、12月~1月に大爆発して
第一志望への道が一気に開ける
そんなことです。

この伸び悩み、心理学の世界では
プラトー
と呼ばれているものです。

大なり小なり、いつかは誰しもに訪れるプラトー。

なら、いっそのことこの時期を
スランプ
なんてネガティブワードではなく、
ここを乗り切れば一気に学力アップする
チャンス
とポジティブに捉え、
お子様を応援していただければ、と思います。

東進衛星予備校大分舞鶴校
小野 愼介
スポンサーサイト
みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。