スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有難い?

こんにちは、古国府校の足立です。

昨日の、一丁目記事の中にあった
『新明快!当世こども口語辞典』
なるほど、納得することが多かったです(笑)

私が、ここ数年最もよく聴く言葉のうちの1つは、

『ありえん!』です。

驚くべきはその言葉が発せられるまでのスピードです。

傍から見ると本当にいろんなことをシミュレートして
出した結果なのか?と疑いたくなるかもしれません。

そして、『無理』という言葉との複合ワザ
『ありえん、無理!』最強です。
ここまできっぱりとした断定をされると閉口せざるを得ない。
といったところでしょうか?

私はというと、この言葉には2つ対処法があると考えています。

①次の一歩を踏み出すための彼らなりの『掛け声』と思い込む
②そして、大きく見えている塊を細かくしてあげること


現在の高校1・2年生には高3生と同様に
センター試験の判定システムを見せています。

②のように大きな塊を細かくする際、最も重要な要素の1つは
時間という物理的要素です。

複雑さを極める大学入試では『知らないこと』の方が
多いと思うほうが懸命です。

『ありえん』を少しでも減らすために
こういった旬の時期を逃しません!!

東進衛星予備校 大分古国府校   足立貴慶


スポンサーサイト
みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。