FC2ブログ

質問する力

わからないことを素直に「わかりません」と相手に伝えること。
多くの中学生にとっては、実はとても勇気のいることなのかもしれません。
最近そのことをよく考えます。


私自身も大人になればなるほど、「質問しなくてもなんとかなるか」
と思うことが増えているような気がします。


大学生の頃、私の憧れの地=大阪に旅行に行ったときのことです。
(私の大阪への憧れの強さは、今でも”えせ関西弁”でしゃべるほどです。)
現地で道に迷い、目的地へなかなかたどり着けませんでした。
いつもであれば「道を尋ねる」という選択を確実に実行したでしょう。
ただ、その時は「”えせ関西弁”がばれると恥ずかしい」という
なんともしょうもない理由で無駄な時間を過ごしてしまいました・・・。


今考えると本当にしょうもない理由です。


もしかすると、多くの中学生が質問しないのも「恥ずかしさ」なども含めて、
後々考えるとしょうもない理由なのかもしれません。
しかし、今の彼ら彼女らにとっては大きな理由なのでしょう。


質問を受ける立場として、まずこの部分をしっかり認めていきたいと思います。


ただ、本人たちにも「質問することを恥ずかしがるな!!」と私自身が
バカをしながら語り続けています。
当然ですが、受験の世界で何年もやってきている私たちのほうが細かいこと
についてずっと知識が豊富です。
そこを「勉強」だけで埋めようとしても到底無理な話です。


わからないことは質問し、解決させることで楽しく学ぶ。
そこに自らの努力を加え、相乗効果を生むことが大事です。
そして、我々とのやり取りのなかでしっかりとしたコミュニケーション能力を
身につけることの重要性は言うまでもありません。


「質問される前に質問を発見する」ことにも当然注力していますが、
本当に本人たちのためになるのは「自らの質問力」です。
「頼ることなく自分の力」でという時間とのメリハリをつくりながら、
「今のうちに聴いておかないと」という雰囲気作りにまだまだ取り組んでいきます。


滝尾教室  足立貴慶

スポンサーサイト



みんな!これにちゅうもーく!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
プロフィール

東セミの先生たちです

Author:東セミの先生たちです
東セミは「誠意をもって」「熱く」指導するという熱誠指導が特徴です!

熱き想いを受け止めてください

月別アーカイブ
リンク